武蔵野友の会

小学生みんな集まれ2018 69日(土)の集まり報告

 今年二回目の集まりに1年生3人、2年生1人、4年生1人の5人が集まりました。

今回のプログラムの中心は子どもたちが自分の時間やお金、自分の机の引き出しの整理や身の回りについて自分で管理できるようになろうという思いで組み立てました。

子どもたちは動きがあること、自分で何か作ることが好きです。

今日も一番気に入ったのはプリン石鹸作りと引き出しの中に入れる牛乳パックを使った小箱作りでした。

靴下の下洗いは自分で自分の靴下を洗うことの意味は伝わらなかったようですが意図するところに子どもたちが今は興味を持たなくてもいつか家族そろって気持ちよく暮らすとはどういうことか気が付く日が来ることを願っています。

私語が多くてはなしをきくことができない時に’今日はみんな何のために友の家に来たの?あそぶため?’と聞いたら’ちがう!勉強するため!と答えて屈託がありません。

感想を書くこともまだ難しい一年生の精一杯の感想は“たのしかった”でした。


     
 プリン石鹸つくり  小箱作り
   
 欲しいものを買うお金がない時は? 牛乳パックの 小箱の完成品



 武蔵野友の会の活動へ   ホーム