武蔵野友の会本文へジャンプ
青葉町最寄会報告   2018年5月31日 

最寄会報告 5月31日(木)

「買物しらべ」から皆が買って利用している食品について、主菜となる肉や魚を会員それぞれがどのように調理しているのかを話し合ったことから、作ってみたい料理を実習することになりました。

「鰹とアボカドのサラダ」「鰯の酢煮」はどちらもサッパリとした味で、この時期に食べたいなと思う料理でした。

鰯のさばき方も学びました。ふだんあまり鰯を食べない会員も、今回の実習で鰯の美味しさがわかり、作ってみようと思えました。

また、鰹もたたき以外に美味しい食べ方があると実習を通して気づきました。

会員それぞれのレシピを紹介し合うことで、調理の幅が広がります。新しいレシピを取り入れて日々の食卓が豊かになるのは嬉しいことです。


     
     
   




最寄会報告 5月24日(木)

皆で料理を持ち寄り、ちらし寿司を作りました。錦糸卵は当日に作り、綺麗に作るコツを学びました。

あると便利な「寿司のもと」を使ったちらし寿司、圧力鍋を使った金時豆の甘煮、和辛子がきいた青菜のお浸し。
加えて来月に行われる児童館での親子クッキングのおやつにと考えた新ジャガイモのチヂミを添えて、皆で昼食にいただきました。

デザートにはオレンジゼリーもあり、とても豪華な食事になりました。

青葉町最寄はいつも皆が活発に意見を交わしながら、暮らしをより良くしていこうと励んでいます。

   

   ちらし寿司
青菜のおひたし
新じゃが芋のチヂミ
 
     
     
 「最寄会のようす」目次へ   ホーム