武蔵野友の会
 

針を持つ楽しさを大切にしたいと手仕事の会を開催しました。
夏休みの暑い中、友の家に15名が集まってトンボのブローチやコースターを作りました。

これは東日本大震災の支援活動として着物の生地を利用して作り始めたものです。
友の会員が現地で被災者と共に作ってきました。その技術を武蔵野の会員にも広めたいと支援に携わっていた会員に指導してもらいました。

仲間とにぎやかにおしゃべりしながら針と糸をもってチクチクするひとときはあっという間でした。
素敵なブローチやかわいいコースターが出来上がりました。

         
         






武蔵野友の会の活動へ   ホーム