武蔵野友の会 本文へジャンプ
青葉町最寄  鍋帽子®を使った調理実習NO2  2017年5月18日 

5月18日(木)鍋帽子を使った調理実習をしました

 

今回のメニュー

・炊き込みご飯(鍋帽子)

・トマトと小松菜のかきたまスープ

・持ち寄り一品

(マカロニサラダ、さつまいものレモン煮、ひじきの五目煮、花豆の甘煮、茄子のきらら漬け)

・わらびもち

前回の調理実習(4月20日)での鍋帽子でご飯がおいしかったことから、今回は炊き込みご飯を作ってみようと決まりました。

皆で手分けして材料を切って、調味料を加えて、お米とともに炊くだけです。とても短時間でふっくらと美味しいご飯ができました。

スープは季節感もあり、彩りもきれいで美味しいものでした。

持ち寄った一品料理は、ひとつとして同じものはなく、いろいろな料理の楽しめる素敵な昼食となりました。

デザートのわらびもちは、材料を混ぜて火にかけ、木べらで7~8分練り上げていきます。今回は材料が多めだったので、しっかり練るにはかなり力が要りました。しかし透明になる程度まで練り上げたわらびもちは、食べるとぷるっとして弾力があり、とても美味しかったです。

 今年度は鍋帽子の料理を定期的に実習し、活用できるようにしたいです。

また、「わらびもち」は児童館での親子クッキングで、調理実習することを計画しています。

 

     
片手鍋は帽子側に入れて
鍋座布団で上に蓋をして保温
 本日の実習料理 わらびもち

    

 「最寄会のようす」目次へ   ホーム